「Plan・Do・ See」が次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash」の導入を決定! | マーケティングプラットフォームのB→Dash│フロムスクラッチ

マーケティングオートメーションをAll in Oneで実現するプライベートマーケティングプラットフォーム

03-5937-8555 受付時間 平日10:00〜18:00  資料請求 お問い合わせ

News.
ー 新着情報

「Plan・Do・ See」が次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash」の導入を決定!

株式会社フロムスクラッチ(本社:東京都新宿区/代表取締役:安部泰洋)が提供する次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash」が、ブライダル・ホテル・レストランマネジメント事業を展開する「株式会社Plan・Do・See(以下、Plan・Do・See)」に導入されたことをお知らせいたします。

導入の背景

オリジナルウェディングやホテル・レストランのマネジメント・プロデュース事業を手がけるPlan・Do・Seeは、業容の拡大に伴い、デジタルマーケティング領域において
「施策成果の精緻な可視化が困難」、「会議資料作成による工数負荷増大」、「ユーザー情報に基づく施策の最適化がなされない」といった課題を抱えていました。

B→Dash導入による期待効果

上記の背景を踏まえ、Plan・Do・Seeが今回、次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash」の導入の決断に至った主な理由・期待効果は以下の通りです。

①ユーザーLTVの向上

アトリビューションからLTV分析まで、マーケティングプロセスを一気通貫してデータ取得・分析・管理ができるB→Dashの導入により、
「LTVの高いユーザーが、どのようなカスタマージャーニーを描いているか」が把握できるようになります。その結果、LTV最大化のための戦略が明確になります。

②資料作成自動化による業務効率化

B→Dashが社内システムと自動連携することで、即座にデータがまとめられレポートが作成できるようになります。
これまで長時間を費やしていたレポート作成作業がなくなり、大幅な業務効率化が可能となります。

③ユーザー情報のトラッキングによる成約率向上・顧客満足度向上

どのデジタルチャネルの、どの広告・クリエイティブからコンバージョン(問い合わせ)・成約に至ったのかが可視化されることで、広告媒体への予算分配の最適化を行い、
有効な広告施策の実施・サイトの改善などが容易となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加