ビッグローブが次世代型マーケティングプラットフォーム 「B→Dash」の導入を決定!! | マーケティングプラットフォームのB→Dash│フロムスクラッチ

マーケティングオートメーションをAll in Oneで実現するプライベートマーケティングプラットフォーム

03-5937-8555 受付時間 平日10:00〜18:00  資料請求 お問い合わせ

News.
ー 新着情報

ビッグローブが次世代型マーケティングプラットフォーム 「B→Dash」の導入を決定!!

株式会社フロムスクラッチ(本社:東京都新宿区/代表取締役:安部泰洋)が提供する、次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash」が、情報通信サービスを提供するビッグローブ株式会社に導入されたことをお知らせいたします。

   

導入の背景

インターネットのプロバイダ事業等を展開するビッグローブ株式会社は、デジタルマーケティング領域において、マーケティングツールが複数導入されており、管理工数や利用コストの増加が発生していました。これらの課題の解決を期待され、この度、次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash」の導入が決定されました。

「B→Dash」導入による期待効果

今回、次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash」の導入による期待効果は以下の通りです。

①機能のオールインワン化による管理工数の削減

これまでは様々なツールが複数部門で導入されていました。アクセス解析ツール、A/Bテストツール、LPOツールなど複数ツールを必要な機能毎に使い分けていました。集客を強化するために様々な施策を実施している同社ですが、ツールが異なるために分析に必要なデータが異なるデータベースに点在しており、分析業務に膨大な時間を要していました。今回、「B→Dash」によって、データと機能を一元管理することにより大幅な工数削減が見込まれています。

②機能のオールインワン化によるコスト削減

前述の通りこれまで複数のツールを導入していたために、各ツールにかかる月額の利用料金が膨らんでいました。今後、必要機能を徐々に「B→Dash」に切り替えることに成功すると、最終的な月額のツールコストは大幅に削減されることになります。

③マーケティングプロセスを一気通貫させたデータ管理とそれに基づく施策立案

“どの施策からどれだけ売上に繋がっているか”について、これまではWeb、電話といった、チャネルのカテゴリごとに計測・分析しておりました。既存ツールからの移行が完了した後、今後の展開として、「B→Dash」の活用によりマーケティングプロセスの入口から出口までのデータを統合し、リスティングのキーワード毎といった、より細かな施策ごとにLTV計測や売上計測ができるようになることに期待をされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加