集客施策 | マーケティングプラットフォームのB→Dash│フロムスクラッチ

マーケティングオートメーションをAll in Oneで実現するプライベートマーケティングプラットフォーム

03-5937-8555 受付時間 平日10:00〜18:00  資料請求 お問い合わせ

Introduction of B→Dash.
ー 機能紹介

集客施策 | Promotion

その広告、本当に効果ありますか?

デジタルマーケティングにおける広告/集客手法は多岐に渡り、
その効果が測定しづらいもの、測定に特定の機能が必要となるものが存在します。 但し、限られた投資コストを適切に配分する為にはそれら広告/集客手法の効果を網羅的に測定し、
比較できなければ適切な投資は出来ません。

B→Dashでは網羅的な効果測定は勿論、
売上へのインパクトを明らかにし、本質的な広告投資を実現します。

アトリビューション分析 / モデル比較

重み付けのモデルを選択し、アトリビューション分析することができます。
ラストクリックの評価の重みを100%とするラストクリックモデルだけでなく、線形モデル、起点モデル等複数のモデルで評価できます。
ビジネスモデルやマーケティングのフェーズにそって重みづけを変更することで、個社毎/時節に対して適切に施策効果を割り出すことが可能です。

詳細・事例を見る

直接効果分析

CVユーザーの行動を、初回接触から追跡することが出来る為、 PPC広告、Display広告、アフィリエイト広告等のあらゆるWeb施策の直接効果を測定は勿論、直接CVに繋がりにくい認知系のWeb施策の間接効果を測定することができ、収益性が高く効率の良い施策か否か一元的に評価できます。直接/間接効果双方を一元管理することで、”やるべき施策”と”やるべきでない施策”が明確になり、無用なコスト投下を回避することが出来ます。

詳細・事例を見る

見込み顧客の行動法則を見つけ出す

分析には目的が不可欠です。デジタルマーケティングにおける分析の目的は一つ。
収益を上げることであり、収益へと変わる見込み客を見つけだすこと。
多角的な観点からの分析により、単なるコンバージョンにつながる
ユーザーの抽出に留まらず、収益へと変わるユーザーを抽出する為の機能を提供します。

A/Bテスト

A/BテストをB→Dash上で容易に設定、実施することが
できます。ページ構成要素を複数パターン用意することで
ページ全体だけではなく、画像、キャッチコピー、カラー、
ナビゲーション等の単位で比較検証することが可能です。
その結果、より精緻な効果向上施策をうつことができます。

詳細・事例を見る

導線分析

導線・カスタマージャーニー分析

ユーザーの初回の広告接触から、サイト内回遊の履歴の追跡が可能となるため、ユーザー毎の行動や導線を分析し、Webサイトコンテンツ、導線における問題点を抽出することができます。また、CVユーザーがサイト流入前/後でどのような行動をし、どのような要素に影響されるユーザーなのかを割り出すことで、ターゲット設定、訴求メッセージ構築に役立てることが出来ます。

詳細・事例を見る

離脱分析(フォールアウト分析)

離脱分析(フォールアウト分析)

予め設定したユーザー行動フローの各プロセスに対して、流入・離脱を計測し、問題のあるページを特定することができます。

詳細・事例を見る

エンゲージメント計測

滞在時間、直帰率、閲覧ページ数を施策毎に測定し、ブランドの認知効果、エンゲージメントを測定できます。明確なCVポイントが存在しないサイト、ページや、広告効果測定に役立ちます。

詳細・事例を見る

CV分析
(接触回数・リードタイム)

ユーザーがCVに至るまでの接触回数・リードタイム・各接触タイミング、並びにラストクリックだけではなく、それ以前の接触のあった流入元等までを把握することができます。

詳細・事例を見る

ユーザー属性分析

ユーザー属性分析

年齢・性別・新規/リピーター・エリア・デバイス・OS等のユーザー基本情報をもとにデータを集計、分析することができます。ユーザーの行動把握、ユーザーセグメント間の比較分析が容易に実施できます。

詳細・事例を見る

チャネル分析

チャネル(Ex:オーガニック・リファラー・ノンリファラーや具体的な参照元、検索キーワードなど)別にCVやユーザーの回遊データ(Ex:滞在時間やPV等)を計測することが可能です。チャネルの価値が分かり、投資方針を決める為の根拠を明確に得ることが出来ます。それらデータの活用により、 成果向上、集客コスト効率化が実現できます。

詳細・事例を見る

LPO

通常の検索結果からは、関連付けられたコンテンツやページタイトル、説明文、URLが表示されます。B→DashのLPO機能を使えば任意のコンテンツやページタイトル、説明文やURLを表示させることができます。このように、検索KWを基に、ページのURLは買えずにコンテンツをダイナミックに変更して表示することができます。

詳細・事例を見る