B→DashをDWHとして活用し全データの統合とKPIの全社共有で経営課題解決へ | マーケティングプラットフォームのB→Dash│フロムスクラッチ

マーケティングオートメーションをAll in Oneで実現するプライベートマーケティングプラットフォーム

03-5937-8555 受付時間 平日10:00〜18:00  資料請求 お問い合わせ

Introduction Case.
ー 導入事例

キーワードで検索 テーマで検索 機能で検索

株式会社ルクサ

B→DashをDWHとして活用し全データの統合とKPIの全社共有で経営課題解決へ

※写真左:高桑氏 写真右:鈴木氏

期間限定の特別価格で販売するプレミアム・タイムセールサイトで、贅沢なサービス・体験を提供するLUXA。

B→Dashでどのようなマーケティングや組織課題に取り組んでいるのか、 同社のマーケティング部、高桑部長、鈴木様にお話をお伺いした。

ルクサ

ルクサ

経営課題と、マーケティング課題の両方をB→Dashで解決

フロムスクラッチQuestion:
B→Dash導入前の課題について教えてください!

ルクサ

webのデータ~売上データを全社で共有すると社員の数字への意識が大きく変化

高桑様

全社で扱うべきKPIがばらばらに管理されており共有されるべき人にも開示されていませんでした。LUXAでは、チケット発行掲載主であるクライアント様の店舗や商品プロモーション支援を行う法人営業部隊があり彼らは自身の「売上」しか見ていませんでした。

本来はLUXAページ上の「セッション数」や、「CVR」などクライアントの成果に繋がる指標も見ながら、どのようにしたらクライアントの売上が向上するのか考えるべきところを、Webのデータについてはマーケティング部しか見れませんでした。

B→Dashの導入によって、現在は特別なスキルや時間をかけなくても分析出来るよう、ビジュアライズした形で数字を公開しているので、これまで営業が考えることがなかったクライアントの売上がどのようにしたら上がるのか初めて探求できるようになりました。今では営業から、もっとこういうメルマガをユーザーに送ればいいのではないか、というマーケティング部に対する改善提案が上がってきたり、クライアントへ話す内容や提案内容の幅が広がるなど、数字への意識が変わったと感じています。これは大きな第一ステップです。

ルクサ

ユーザーの興味のあるタイミングで施策を実行してOne to oneを実現

鈴木様

これはマーケティングの観点ですがこれまで分析は行っていたものの自社のシステムでは細かくセグメントを切ってメールを送ることができませんでした。「女性」、「男性」といったざっくりとした条件での配信をしていました。

それに対して、今後はWebのアクセスログも見ながらOne to Oneのアプローチを実現できればと思っておりB→Dashメール機能だけでなくレコメンデーション機能を使って最適なコンテンツを出したいと思っています。例えば、「レストランカテゴリを閲覧している人」に飲食店のチケットを提案したり、といったシナリオを考えています。

<B→Dash導入後のシステム>
これまで部署ごとに管理されていたデータをB→Dashに統合し、それをもとに分析、施策の実行が可能になった。

ルクサ

フロムスクラッチQuestion:
最後に、導入コンサルタント藤田の印象をお伺いしてもよろしいでしょうか!

高桑様

藤田さんは、他社事例を紹介しつつ、私たちLUXAであればどの施策を行うべきなのか提案をもってきてくれます。毎回のミーティング時に、課題解決に直結していて、的を得た提案を分かりやすいアウトプットをもとに説明頂けて非常に参考になっており、信頼しています。今後より深い分析や施策ができることを期待しています!

ルクサ※写真左:高桑氏 写真右:鈴木氏 写真中央:藤田

データの統合と可視化

これまで分断されていたwebの指標と売上データを
統合することで全社でどこに課題があるのか
視界を合わせて議論できるようになった。

導入事例TOP以前の導入事例

B→Dashの資料請求はこちら