費用対効果向上と工数削減を同時に実現<br />代理店任せから、主体性をもったデジタルマーケティングの実施へ | マーケティングプラットフォームのB→Dash│フロムスクラッチ

マーケティングオートメーションをAll in Oneで実現するプライベートマーケティングプラットフォーム

03-5937-8555 受付時間 平日10:00〜18:00  資料請求 お問い合わせ

Introduction Case.
ー 導入事例

キーワードで検索 テーマで検索 機能で検索

株式会社ソシエ・ワールド

費用対効果向上と工数削減を同時に実現
代理店任せから、主体性をもったデジタルマーケティングの実施へ

※戦略マーケティング本部 戦略企画部 戦略企画担当部長 笠井誠氏

全国の百貨店や高級ホテルに120店舗以上のサロンを展開する株式会社ソシエ・ワールド

エステだけではなく、ネイルやヘッドスパなど女性のトータルビューティーを提案し、高級サロンとして強いブランド力を誇る創業55年の株式会社ソシエ・ワールド。デジタルマーケティングに関しては外部に委託していたため、数年かけて様々な施策を実施し、効果検証を行ってきた。しかし、様々な疑問や課題を感じるようになったため、自社内で運用することを考え始めたときに「B→Dash」に出会いました。
導入前後において、ソシエのマーケティングがどのように変化したのか、戦略マーケティング本部の笠井部長にお話をお伺いした。

大手エステサロン、ソシエ・ワールドが抱えるマーケティング課題

フロムスクラッチ これまでどのようなマーケティング施策を実施し、何を課題に感じてましたか?

笠井部長 今までは広告代理店に広告施策の全てを委ねていました。施策の立案や実行、そして効果検証までもお任せ状態でした。しかし、時間が経つにつれて代理店から出していただくレポートに違和感を覚え、疑問や課題を感じるようになっていきました。そのなかでも最も強く感じたことが「自社の求めるKPIが正しく測定できていない」ということでした。また、これは「B→Dash」の導入後に気づいたことなのですが、広告ごとの効果についても測定方法にバラつきがあり、比較検討がしにくい、という課題がありました。しかし、当時は課題とすら感じることが出来ていませんでした。

フロムスクラッチ 「B→Dash」の導入に至った経緯を教えて下さい。

笠井部長 デジタルマーケティングに関する情報を収集するようになり、出会ったのが「B→Dash」でした。情報収集をする中で、デジタルマーケティングのツールは多機能で管理画面が複雑なため、知見がないと使いこなすのが難しく、使いこなせないという印象のものが多くありました。そのため、導入するものはできる限りシンプルで自社の課題を解決できるツールでなければいけないと思っていました。そして、広告閲覧からお試しコースへの申し込み、そして最終的な本コース成約まで、データがひとつのプラットフォーム上でデータが紐付いて見ることができる、ということで「B→Dash」の導入を決定しました。

導入直後に「B→Dash」による効果を実感

フロムスクラッチ 「B→Dash」の導入後、どのような変化がありましたか?

笠井部長 導入してからすぐに、現状施策の課題が浮き彫りになりました。エステという事業の性格上、本コースの申し込み前に一度お試しコースを挟むことが多いのですが、そのお試しコースに最も申し込みの多かった、SNS広告にこれまでは広告予算をより多く費やしていました。しかし、B→Dash導入後に判明したことは、実はSNS広告経由で獲得したユーザーは、ほとんど本コースへの申し込み・成約につながっていなかったという事実でした。LTVやROIなどの重要なKPIが計測できておらず、CPAという指標のみで判断してしまった結果招いた大きな失敗の1つだと実感しています。それが、B→Dashというソリューションを導入したことでわかるようになった。これだけでも大きな収穫でした。

 その他にもマーケティングのファネルごと、プロセスごとに広告効果の確認・検証閲覧できるようになったため、広告別・媒体別のKPIが一目で把握できるようなりました。より容易に相対比較もできるようにあったため、KPIの結果に基づき、迅速に軌道修正を行えるなど、PDCAを高速で回せるようになりました。

 また、B→Dashはツールの機能や利便性が高かっただけではなく、導入後のサポート体制やコンサルティングの手厚さも、国内企業ならではの良さだと思っています。実際にサポートを受けてみて、その実感値は確信に変わりましたね。

自社運用により、マーケティングに対して価値ある“主体性”

フロムスクラッチ 実際導入したことにより、どのような効果が現れましたか?

笠井部長 今までは広告代理店に言われるがまま広告を出稿してきましたが、「B→Dash」を導入し、メディアの精査、施策の改善を実施したところ、本コースへの成約率が向上し、費用対効果が大幅に改善しました。

 また、現在はアトリビューション分析を行い、間接効果を確認しラストクリックまでの勝ちパターンを分析し、その結果から予算配分やシナリオを自社で考えるなど、ようやく自分たちでPDCAを回すことができるようになってきました。「B→Dash」の導入により、マーケティングの最適化に必要な指標を自社内で簡単に見ることができる環境になりました。

 さらに、広告の費用対効果の他に、業務の効率化も図ることができました。Web経由の来店や来店したユーザーの成約までを一気通貫でデータ管理できるようになったことにより、作業工数の大幅削減にも繋がっています。

 それ以上に、代理店任せだったデジタルマーケティングに対して”主体性”を取り戻せたことはとても価値のあることだと感じています。

主体性を取り戻したソシエ・ワールド、今後の展望

フロムスクラッチ これからの展望を教えて下さい。

笠井部長 これからの展望としては、ソシエ・ワールドが顧客の中核と位置づけている40代、50代の女性を意識した施策をうっていこうと考えています。今までデジタルマーケティングはブライダルエステがメインだったので若年層がターゲットでした。しかし、インターネットの普及とB→Dashの導入に伴いPDCAサイクルを自社で回せる環境を実現することができたので、ターゲット層へのアプローチも可能になってくるかと考えています。

 また、ソシエ・ワールドにとって“店舗”は強みのチャネルのひとつです。お客様のアンケートやスタッフによる施術時のメモなど、オフラインデータとの融合は大きな課題です。他にもテレビCMや駅の広告などからの顧客の動きも大切なオフラインデータです。オフラインデータとの融合は技術的にも手法的にもまだまだ難しいようですが、IoTなどの言葉が最近良く聞かれるように、技術の進歩により、融合する時代が来るでしょう。その好機を見逃さないように、B→DashでPDCAを回しながらデジタルマーケティングを主体的に管理していきたいと考えています。

主体性を取り戻す

様々な分析結果から勝ちパターンを見出し、
そこからシナリオを自社で考えるなど、自分たちで
PDCAを回すことができるようになりました。

導入事例TOP以前の導入事例

B→Dashの資料請求はこちら