マーケティングオートメーション導入の3つの罠 | マーケティングプラットフォームのB→Dash│フロムスクラッチ

マーケティングオートメーションをAll in Oneで実現するプライベートマーケティングプラットフォーム

03-5937-8555 受付時間 平日10:00〜18:00  資料請求 お問い合わせ

Traps of Marketing Automation
ー マーケティングオートメーション導入の3つの罠

マーケティングオートメーション導入の3つの

マーケティングオートメーションの導入に失敗する原因はただ1つ。
「正しいスコアリングの仕方がわからない」ことです。
どの企業も根本的な課題は大きく3つに集約されます。

  • 罠1
    正しいスコアリングを
    するための分析環境がない

    正しいスコアリングをするための分析環境がない

    正しいスコアリングとは、
    収益が最大化される条件付けです。
    これまでに獲得した顧客のうち、
    収益性が高い顧客の行動履歴や
    カスタマージャーニーを分析し
    その行動法則を導き出します。しかし、
    現在市場に提供されているツールの多くが
    「どの施策が収益に最も繋がっているのか」
    計測できません。
    今MAを導入している企業のほとんどが
    仮説の域を脱していないスコアリング」
    をしていることになります。

  • 罠2
    MAツール導入の
    知識・経験が社内にない

    MAツール導入の知識・経験が社内にない

    スコアリングの知見も経験もない担当者が
    ただでさえ難しいスコアリングを、
    通常業務で忙しい中、
    完璧にこなせるわけがありません。
    MAを提供するベンダーも、
    導入のサポートは行いますが、
    時間と工数をかけて一緒にデータを
    分析・抽出し、スコアリングしていくような
    ことはしない場合がほとんどです。
    その結果、導入をしても思ったように
    成果が上がらない企業が多く存在しています。

  • 罠3
    保有しているビッグデータを
    活かせない

    保有しているビッグデータを活かせない

    収益増加に影響する変数は多岐に渡ります。
    その変数の中から最もインパクトを与える
    変数
    を抽出し、その変数を基点に
    スコアリングしていくことが求められます。
    テクノロジーの進化によって、ほとんどの
    企業がビッグデータを保有していますが
    そのビッグデータの正しい処理・活用方法が
    できないため、
    いつまで経ってもスコアリングができません。
    言うなれば「宝の持ち腐れ
    とも表現できるでしょう。

MA完全保存版資料ダウンロード