次世代マーケティングオートメーションB→Dashとは | マーケティングプラットフォームのB→Dash│フロムスクラッチ

マーケティングオートメーションをAll in Oneで実現するプライベートマーケティングプラットフォーム

03-5937-8555 受付時間 平日10:00〜18:00  資料請求 お問い合わせ

Why Marketing Platform?
ー なぜ今マーケティングプラットフォームが選ばれるのか

時代はマーケティングオートメーションから
マーケティングプラットフォームへ

トレンドワードとなっている、マーケティングオートメーションですが、
既に時代は「マーケティングオートメーションからマーケティングプラットフォームへ、需要は変わりつつある」と言われています。
マーケティングオートメーションは「MA導入の3つの罠」でも解説した通り
なかなか解消できない罠があります。

3つの罠を解消する“MP”とは何か

マーケティングプラットフォームはマーケティングデータを一元管理・統合するプラットフォームシステムです。
顧客が利用するデバイスやメディアなど、あらゆる顧客接点において
データを収集・管理、そして活用することができます。

マーケティングプラットフォームは、マーケティング活動によって得られたデータを

①集客
②販売促進
③顧客管理

の3つのプロセスごとに収集・管理、活用をしていきます。

①集客は、Webサイトのアクセス解析をするような効果測定ツール
②販売促進は今市場で提供されているMAのようなマーケティングサポートツール
③顧客管理は、CRMやSFAを行うツールをイメージしてください。

マーケティングプラットフォームはこれまでプロセスごとにバラバラに提供されていたツールとは異なり、1つのツールで全てのプロセスを一気通貫してカバーすることができます。

それにより、入口から出口まで全てのデータ分析を行うことができます。
これまでほとんどの企業・担当者がわからなかった「どの施策が最も収益につながるのか」といった問いの答えを導くことができる唯一のツールがマーケティングプラットフォームなのです。

さらにマーケティングプラットフォームは、
あらゆるツールの機能を包含しています。

アクセス解析はもちろん、
「コンテンツマーケティング」「リードナーチャリング」「コンテンツレコメンド」「DMP」「A/Bテスト」「LPO」など、

ほとんどの機能をAll in oneでそろえていることも特徴の1つです。

なぜ、MPがMAの課題を解消できるのか

なぜ、マーケティングプラットフォームがマーケティングオートメーションでは
解決できなかった「正しいスコアリング」を実現できるのか。

その秘密は「マーケティングプラットフォームは、収益が最大化する施策が何か分析できる」点にあります。
言い換えれば、「LTVを基点として、ベストプラクティスの抽出ができる」ということです。

しかしマーケティングプラットフォームにおけるスコアリング設計は、
多くの場合2つの視点で決められてしまうため
結局収益が上がらずうまくいかないケースがほとんどです。

①営業マンからヒアリングした
条件をもとにスコアリングしてしまう

営業マンへヒアリングをして、
どのような状態の顧客が見込み度が高いのかを設定。
例えば「見積もり依頼の有無」
「ウェブサイトのどのページを見ていたか」
「メールマガジンを開封しているか」など。
しかし、これはあくまでも営業マンの
勘によるところが大きく
本当にその条件を満たしたからと言って見込み度が高く、
成約につながりやすくなるとは限りません。

②CV最適化の視点で
スコアリングしてしまう

「どういう行動をとった顧客が最も収益が上がるのか」
という視点ではなく、
「どういう行動を取った顧客が
最も効率的に営業部隊へ見込み客を渡せるのか」
という視点でスコアリングをしてしまいがちです。
この結果、スコアリング通りに
営業部隊へ見込み客を引き渡すことは
できているものの、結局収益化(成約)には至らない、
といったケースが見受けられます。

下

上記に共通することは「収益・LTV基点でユーザーの行動分析をしていない」点です。
マーケティングオートメーションは確かに素晴らしいツールです。
しかし正しいスコアリングをするための分析環境、
すなわちLTVを基点とし、収益が最大化するベストプラクティスの抽出ができなければ成果を上げることはできません。

マーケティングプラットフォームは、全てのマーケティングプロセスにまたがっているため、
正しいスコアリングをするための分析環境が整備されています。

次世代型マーケティングプラットフォーム
”B→Dash”とは

通常のマーケティングプラットフォームは、他ツールとの連携・接続によって構成されています。
一方B→Dashは、他ツールとの接続をせずにワンプラットフォームでマーケティングデータの管理・統合・活用を
実現することから「次世代型マーケティングプラットフォーム」を呼ばれています。

マーケティングプラットフォームは、リードナーチャリングやキャンペーンマネジメント、メルマガ配信など、
マーケティングオートメーションが保有している機能は全て持っています。それに加えて、
マーケティングオートメーションにはない正しいスコアリングをするための分析環境が整っています。
故に、今まさにマーケティングプラットフォームの需要が急増しているのです。

MA完全保存版資料ダウンロード